【2018年の予測⑴】

新年、あけまして
おめでとうございます。

 

本年も
治療家大学を宜しくお願い致します。

 

さて、
元日から3日連続で
「2018年の予測」と題しまして
今年の治療院業界についてお送りします。

 

対談形式ですので、
言いにくいこともついぽろっと・・・

 

初日の今日は・・・

昨年は保険請求(柔道整復療養費)に関して、
大きく変わりました。

 

・施術録を遅滞なく記載
・柔道審査会の権限強化
・審査重点項目に部位転がしが明記された
・違法な広告で誘引してはならない
・紹介料などを提供したら療養費の対象外

 

などが主なところです。

 

2018年は、
まず以下のことに注意する必要があります。

 

●書類の整理
 療養費請求に関してルールが明確化された。
 調査に入られても大丈夫なように備える。
 調査書の対応がしっかりできるように。

 

●ホームページや広告
 PPC広告やビフォー・アフターなどへの規制。
 集客をWebばかりに頼らないように。