こんにちは、治療家大学の目黒です。

今日から治療家大学の授業をやって行こうと思います。

まず最初に自己紹介をさせていただきます。

 

今は、有限会社ついてるケアという会社で、

整骨院・鍼灸院・セラピールームを経営しています。

 

初めて開業したのが27歳の時です。

 

最初開業するときは本当にお金がなくて、

自宅の車庫を改造して開業しました。

 

そこから、柔道整復師の教員免許の資格を取って、

教員をするようになって人を雇うようになりました。

 

そこからたくさんの分院を作ったり、鍼灸院を作ったり、

セラピールームというエステのような店舗も経営しています。

 

そして、その中で治療の問題や経営の問題など、

たくさんの問題が起きました。

 

それをどうやって乗り越えてきたか、

解決してきたかという話をして行きます。

 

わたしは抽象的に話してしまうので、

解説を脇坂先生の方にやってもらおうと思います。

 

じゃあ、始めます。よろしくお願いします。