客観的な検査が必要である。

 

患者さん自身が

自覚していない問題点を見つけ出す。

 

患者さんに

自分の体を知ってもらう意味でも

必要である。

 

客観的なデータを示すことにより

その説得力が増す。

 

例えば病院では、

レントゲン、MRI、CTなどの画像診断や

数値で示す血液検査などがある。

 

正常な画像や正常な数値とくらべて

どこが異常なのか?

どれくらい違いがあるのか?

 

それを具体的に示すことにより

患者さんに対して説明がしやすくなるし、

患者さんもわかりやすく納得しやすい。

 

それでは、

我々のところでは何ができるのか?

 

医師以外でもできるもの。

 

そこをよく考えてみてほしい。

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~