正常なのと異常なのを

察知できなければならない。

 

検査してわからなければならない。

 

その為には

異常なものがわからなければならないが、

 

例えば、

可動域で言えば、普通ならここまで動くのに

この角度までしか動かない。

 

その普通である状態

つまり、正常な状態を知っておく必要がある。

 

筋肉の硬さはこういう硬さが正常

というのがわかっていなければ、

その異常がわからない。

 

それをわかる為には、

いくら教科書や動画などで勉強してもダメで

実際の体を触って練習しなければならない。

 

患者さんでは練習できない。

 

なぜなら、患者さんは異常なので。

 

どうやってするかというと、

家族であったり、同僚であったり、仲間であったり

 

まず、身内に体をしっかり触らせてもらい

触診や検査の練習をする必要がある。

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~