検査は流れるように

行わなければならない。

 

どういうことか?

 

その都度、いちいち次に何をしようか

モタモタしていてはならない。

 

時間に関しても

丁寧にやろうと長くなり過ぎると

患者さんは疲れてしまう。

 

だから、

出来るだけ検査の時間は

手短に終える必要がある。

 

しかも、

短い時間で終えるのだが、

そんな中でも流れるように検査を

終えなければならない。

 

そして、患者さんは

触診の仕方、指示の仕方、誘導の仕方で

あなたの技術やあなたに対しての信頼性を

判断している。

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~