まず、最初に

検査を始めることを患者さんに伝える。

 

そして、検査を始める場所は

腰が痛い人なら腰から検査を始める。

 

最初は簡単に動きなどを確認して、

腰に問題があることや検査が始まったこと

を再認識してもらう。

 

最初は腰などの部分的な検査を行う。

 

その後に症状の原因ではなく

根本的な原因を探るために

体全体の検査をして行く。

 

そして、それらの順番や手順は、

問診の終了時にはすでに

決まっていなければならない。

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~