検査の開始は、必ず主訴から。

 

腰痛なのに別の場所から始めると

患者さんは戸惑うし理解できない。

 

もし、行うのであれば、

必ずそれに対しての説明が必要である。

 

患者さんは慢性的な問題を抱えている方が多く、

部分的な検査だけでなく全体検査も必要。

 

根本的に何が問題なのか

導きだすためには

必ず全体的な検査が必要になる。

 

そして、問診が終了した時には、

検査内容が決まっていないといけない。

 

その為に

しっかりとした問診が必要になる。

 

その都度、場当たり的な

検査にならないように

 

問診から検査の流れが

しっかりとできていないといけない。

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~

すでに 授業は始まっています。

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

 →  治療家大学YouTubeチャンネル

~~~~~~~~~~~~~