検査を始める時は、

必ず検査をはじめることを宣言してから

検査を開始する。

 

患者さんは、

どこからどこまでが問診で

どこからどこまでが検査や施術なのか

分からない。

 

そして、もう一つ

検査を始めるときは

必ず主訴から触って確認する。

 

これは、

問診でお話をしっかり聞いていること

患者さんのことを理解していること

主訴から触り始めることにより

それらを患者さんに示し、安心してもらう。

 

ただ検査の開始を宣言するだけではなく、

どんな検査をするのか

検査内容や方法を簡単に説明してから行う。

 

~~~~~~~~~~~~~
すでに 授業は始まっています。
過去の動画はこちらからご覧いただけます。
 →  治療家大学YouTubeチャンネル
~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~
すでに 授業は始まっています。
過去の動画はこちらからご覧いただけます。
 →  治療家大学YouTubeチャンネル
~~~~~~~~~~~~~