治療家大学YouTubeチャンネル

 

施術と検査が逆になっている。

 

施術が終わってから検査結果を伝えている。

 

病院の場合でも検査の結果を受けてから

治療法や薬の処方が決まるはずである。

 

「硬かったですよ。」

「動きが悪かったですよ。」などは、

客観的な検査ではなく、

 

施術者が触っての

主観的な感想に過ぎない。

 

患者さんが聞きたいのは施術者の感想ではなく、

「なぜ、そこが硬くなるのか?」

「なぜ、いつもそうなるのか?」という

客観的な原因や問題点を知りたい。

 

あなたは、

客観的な検査が出来ているだろうか?

 

~~~~~~~~~~~~~
すでに 授業は始まっています。
過去の動画はこちらからご覧いただけます。
 →  治療家大学YouTubeチャンネル
~~~~~~~~~~~~~

 

 

~~~~~~~~~~~~~
すでに 授業は始まっています。
過去の動画はこちらからご覧いただけます。
 →  治療家大学YouTubeチャンネル
~~~~~~~~~~~~~