あなたは問診ができていますか?

 

こんな間違いをしていませんか?

 

「問診、検査、分析と説明、施術」

この4つがごちゃ混ぜになっている。

 

患者さんはその時、何をされているのか分かりません。

 

しかも、患者さんに一時的な変化を確認する。

 

患者さんを症状の原因ではなく、

その症状自体にどんどん意識を向けさせてしまいます。