柔道整復師の先生がやりがちな問診での間違い。

 

療養費を請求するためには必要な問診の内容、

「何をしていて痛みますか?」

何かに誘導するような問診方法。

 

こんな問診は患者さんの信頼を失う。