それは、すべて治療院内で行なっている2つのことが原因です。

治療院内で行なっている2つのこと

それは、適切な ”予約制” と 患者さんの ”紹介” です。

「そんなこと言われなくてもわかってるし、もうやってるよ。」というあなた、

以下のような状態でなければ、この先は読み進めなくても大丈夫です。

しかし、1つでも当てはまる場合は、最後までお読みください。

NGな予約制と間違った集客方法

 

もし、あなたの治療院にとって適切な予約制を導入できていないと…

・当日キャンセルや無断キャンセルが多い。

・2回目継続来院率が50%以下、8回目継続来院率(30日以内)が30%以下である。

・売上に波があってなかなか経営が安定しない。

・営業日数など外的な要因に左右され計画的な経営ができていない。

・忙しい月と暇な月がはっきりしている。

・天候が悪い日は患者が減る。

もし、適切な方法で集客できていないと…

・自分が望まないわがままな患者が多い。

・患者に占める高齢者の割合が高い

・なかなか自費施術を受けてもらえない。

・受けて欲しいメニューを受けてもらえない

・来た患者さんは継続来院しない、リピートしない。

・チラシもまいてみたけど、反応も悪いしお金も続かない。

これらのことで悩まされている可能性が高いはずです。

でも、これらすべて解決することは難しくありません。

 

治療院の予約制、その特徴

 

治療院という仕事は、他人の身体をみるという非常に専門性の高い職業です。誰もができる仕事ではありません。あなた=先生 です。患者さんは、体の悩みを相談しにわざわざ時間とお金を使って先生であるあなたのところに来るわけです。先生であるあなたは、患者さんのお話を聞き、患者さんのお身体の状態を調べて、最適な施術方法や最適な施術間隔、それらにかかる費用を提案するわけです。

この時、あなたは患者さんに治るまでの施術期間と施術頻度を明確に伝えていますか?患者さんが一番知りたいこと、それは、治るのかどうかということです。あなたはそのゴールに向けて施術を行っていくわけですが、最適な施術のタイミングを患者さんに明確に伝えていますか?「次は〇〇日○曜日の〇〇時に来てください。」と言えていますか?

「この患者さんは忙しそうだから…」とか「年金暮らしのお年寄りだから…」とか、患者さんの忙しさや懐具合を勝手に心配していませんか?病院で「あなたは忙しそうだから、来れるときに来てください。」とか、「あなたは年金暮らしだから、たくさん通院するとお金かかるから月に1回でいいよ。」なんて言われますか?予約制のある病院や歯科医院では日にちと時間まで指定されるはずです。

 

治療院にとって適切な予約制とは?

 

もし、あなたの治療院にとって適切な予約制を導入すれば、このようなことが起こります。

・患者さんにとって最適な施術を提供することができ、患者さんの施術に対する満足度が向上します。

・こちらが最適な施術の期間や頻度を伝えることで、継続来院率が向上します。

・継続来院率が向上するため、ある程度の来院回数が見込めるため経営が安定します。

・天候に左右されたり、2月・8月はヒマなど、一般的によく言われるような繁忙期や閑散期がなくなります。

・繁忙期や閑散期がなくなって経営が安定するため、長期休暇の取得や外部研修への参加など計画的な経営ができます。

・患者さんが最適な施術期間や頻度で継続して来院するため施術機会が増えます。

・施術機会が増えるため、患者さんの状態把握が詳細にできるようになります。しかも、たくさんの患者さんを施術することになりあなたの施術の質や技術が向上します。

なぜ、このようなことが起こるのか?

その理由は、一般的な予約制と治療院の予約制とは明らかに違うからです。治療院の予約制、その特徴やメリットをあなたと患者さんの両方が理解しておかなければなりません。そして、それらのメリットを最大限発揮させる方法があります。あなたはそれらを知っておかなければなりません。

 

治療院における予約制の本質

 

それは、予約患者さんが最優先であるということです。新規患者は待たせても構いませんが、予約患者さんは待たせてはなりません。たった一つ、この本質を知りそれを守ってください。それにより私たちは、経営が大きく安定しました。

 

適切な紹介による集客方法とは?

 

もし、あなたの治療院にとって適切な紹介により集客をシステム化できれば、

・保険施術を要望する患者やわがままな患者はいなくなり、施術をするのはあなたが理想とする患者さんだけになります。

・これから起こるであろう広告規制、法律やルール変更に左右されなくなります。

・自費施術の成約率が格段に上がります。

・患者さん全体の継続来院率が向上します。

・この集客ノウハウを競合が真似するのは非常に難しいでしょう。

・日々進化するインターネット広告の技術のように流行に左右されません。

・しかも、この集客方法は驚くほど安上がりです。逆に、お金をかければ失敗します。

なぜ、このような集客ができるのか?その理由は、ツールやその方法、そして、それらを適切なタイミングで患者さんに紹介依頼するようにシステム化しているからです。紹介してもらうのを待つのではなく、紹介を戦略的に起こすのです。

 

治療院特有のメリットを生かした集客のシステム化

 

・いつ紹介依頼するのか?

・なぜ?患者さんが紹介する理由

・誰を、誰に、紹介するのか?紹介依頼するのか?

・どこで紹介してもらうのか?

・何を紹介するのか?

・どのように紹介するのか?紹介依頼するのか?

これらを具体化し適切なタイミングで、適切なツールを使って、治療院ビジネスの特徴を最大限に生かし、スタッフ全員が一貫した考えのもとで、誰も真似できない集客方法をシステム化する。

これができれば、あなたの治療院はまさに最強です。

 

環境作りと最強の集客術

 

治療院内で行われていた2つのこと、それは、適切な ”予約制” と 患者さんの ”紹介” でした。言い換えると、適切な予約制というのは、経営の安定と患者さんが健康回復や増進など治るための環境作りということが言えますし、適切な紹介による集客システムは、永続的に治療院の運営を行うための安価でしかも効果が高い集客術であるということが言えます。

ただ、忘れてはならないのは、常に患者さんの存在を中心に考えていなければ、これらはすべて失敗するということです。

 

患者利益を最大限に

 

適切な予約制と紹介は、ただ一時的な売上を上げるためのリピートテクニックや手っ取り早い集客の方法ではありません。いつも頭にあるのは、目の前の患者さんが良くなるための最善の方法を考え患者さんに提供し、その患者さんがあなたの治療院に通えるように環境作りをすること。そして、そのご縁をもらった患者さんとその患者さんの先にいる大切な人のお役に立つため活動していることを忘れてはなりません。

つまり、あなたがやるべきことは、目の前にいる患者さんが最大の利益を得られるように、施術はもちろんのこと、あなたの治療院で働くスタッフ全員が目の前の患者さんが良くなるために毎日活動することです。

 

向き合うべき対象は患者

 

施術以外の仕事が多く、目先の売り上げにとらわれ過ぎて、フォーカスすべき対象を見失っています。一時的な売上を上げるための広告やチラシのノウハウや集客テクニック、小手先だけのリピートテクニック、世間に溢れるこれらのノウハウに違和感を感じませんか?たった〇カ月で○百万円!に違和感を感じたことはありませんか?

あなたがやるべきことは、目の前の患者さんに真摯に向き合い、「本当にこの人が良くなるためにはどうしたら良いのだろう?」と真剣に考え、あなたの持っている知識や技術を駆使し全力で施術をする。あなたはそのことだけに集中する。そして、あなたのスタッフ(受付やアシスタント)は、施術以外の業務を全てこなし、患者さんに対して気配りや心配りができる。

これらのことができていると胸を張って言えますか?患者さんがリピートしなかったり、あなたが理想としないわがままな患者さんが多い理由はこのあたりにあります。まず、やるべきことは、あなたやスタッフの現在の状態とそれぞれがどこを向いて日々の業務をこなしているか知ることです。

勘違いしてはいけないのは、問題は患者さんにはありません。すべてあなたや治療院側にあることを忘れてはなりません。